クレジットカード初体験

私が始めてクレジットカードを作ったのは、30歳も半ばを過ぎてからでした。今までの生活で使う場面がなかったので持っていませんでしたが、今ではどうして持っていなかったのかと思うほどです。通販でも、ちょっと出先で急な出費があるときも、旅先でも、本当に便利です。だからこそついうっかり使い込みそうで怖いのですが、それはなんとか回避できています。ポイントは、口座にお金を入れないことです。カードを使ってから支払いまでは日が空くので、購入してから口座に振り込むようにしています。こうすることで、とっさの衝動買いはできないようにしています。それから、口座にお金を入れておかないことで、カードが盗難にあったときも、多少は被害がマシになるのではと期待しています。

クレジットカードを無くしてしまった友人の話

今の世の中、世界中でクレジットカードが広く使われています。そんな中友人が便利なクレジットカードを無くしてしまったらしいのです。友人の話によると無くした経緯としては、友人が参加しているサークルの飲み会で限度を超える量の酒を飲んでしまい、自宅に帰るまでの記憶がなく、財布は辛うじてありいくら使ったか覚えていない状況とのことです。カード類はなぜかクレジットカード以外は全て無事でした。翌日友人は早速クレジットカードに電話して紛失による使用中断の手続きに入ったそうです。幸いにもそれまでの間不正利用はなかったそうです。私はこの話を聞いてクレジットカードを持つことをやめました。なぜなら私はお酒が大好きなのでいつ友人と同じ目に遭うか分からないからです。

普段からクレジットカードを利用する理由

私のクレジットカードの利用方法はどういったときに使っているのかについて、基本はスーパーなどのお買い物のときに利用したり、コンビニやドラッグストアなどで、ちょっとしたお買い物のときにも普通にクレジットカードを惜しみなく利用するようにしています。こういった行動にはポイントのことが関係してて、一回の金額がそれほど掛かっていなくても、一か月間ずっと使い続けていれば気が付いたときにはかなりのポイントが貯まっています。現金で支払いをしてるとどうしてもポイントが貯まらないこともあるので、ポイントがちょっとでも付与されるんだと思えば、むしろ普通に現金で購入するよりも、ちょっとしたことに対してもクレジットカードを利用した方がお得感があるのでそうしています。 

JCB ORIGINAL SERIESを現在では使っています

社会人になって新たにクレジットカードを作ろうと思ったとき、やはり出張などを考えると海外関係に強いものが良いなと思ったので、悩んだ挙句に決めたのがJCB ORIGINAL SERIESでした。JCBはやはり日本ブランドということで信頼感がありましたし、海外サポートサービスがとても充実しているというのが良い点だと思ったからです。海外でのサポートデスクが日本語が通じるというのもいいと思いました。後はポイント関連ですが、セブンやイトーヨーカドーなどで買い物をするとかなりのポイント還元があるというのも、よく自分が買い物をするお店だったので便利だと思いました。やはり定番と呼ばれるカードは一枚持っておくととても便利ですね。

クレジットカードを使いこなして生活を楽に

最近は現金を極力使わない生活に挑戦していて、払えるものなら大体はクレジットカードを使った支払い方法に移行しました。そして今までは気づかなかったけれど、本気になってクレジットカード中心の払い方へ変えようと考えて調べてみると、この小さなカード一枚に様々な支払いが集約できることを知ったのです。毎月出て行くことが確定しているお金だけでも例えば光熱費だとか携帯電話の使用料だとか、そういった何気ないものがクレジットカードを通すとただ払うよりポイントなどで還元されるからかなりお得といえます。ポイントなんて些細なものと考える人も少なくないかもしれないけれど、節約して生活するにはこうしたちょっとしたメリットを積み重ねることが大事なので、人生をちょっぴり豊かにするならクレジットカードを上手く使いこなすことが必要と感じます。

日常用品と公共料金の支払いはクレジットカードで。

日常生活の買い物や公共料金の支払いにクレジットカードを使用しています。基本的には年会費が無料のクレカを使用していますが、日常生活用と公共料金用に分けて2枚持っています。購入する時に銀行振り込みだと手数料が必要ですし、代引きでも手数料が必要になります。クレカの場合だと即支払いになりますし、余計な手数料がかからないので便利ですよね。さらにポイントが貯まる事で生活用品と交換したり、旅行サイトで宿泊費として利用できるため、常にクレジットカードで支払います。公共料金などはコンビニでも支払いができてクレカの中には公共料金が支払えるものも多いので凄く便利です。公共料金の場合はポイントが付くクレジットカードは少ないのですが、日常生活用品をクレカ払いにするだけでも年間にするとポイントはけっこう貯まってお得です。

自分に合ったクレジットカードを

私は普段の買い物ではほとんど使うことはありませんが、ネットでの買い物の時は100%クレジットカードを使っています。やはり、その方が購入がスムーズなのです。そして、よく使うサイトのクレジットカードがお勧めです。私はそれ一枚をメインとして利用しています。運営しているサイトの自社カードというものは還元率もかなりよいのでお得にポイントを貯めることができます。また、クレジットカードを作るときはそのサイトの注意事項などをしっかりと見ることはもちろんですが、ブログや他社のサイトも見ることも勧めます。お得情報だったり、そこから申し込むとポイントを貰えたりということもあるからです。クレジットカードは事前にしっかりと勉強することと、きちんと自分に合ったものを選ぶことがとても大切だと思います。

クレジットカードを持ってみて

私は基本、現金キャッシュ払いのタイプです。でも、旅行に行った時などはとっても便利です。現金を持ち歩かなくてもいいし、カードを持ってるだけで現金が少なくても何とかなります。後日銀行口座から引き落としになるので、銀行にお金さえ入っていれば、何の心配もありません。ただ、私の性格的に、カードで買い物など習慣になってしまうと、経済感覚なくなって、ついつい使い過ぎてしまったことがありました。私がカードを持つと危険な事が判明し、なるべく現金での支払いにしています。クレジットカードは、上手に使うととても便利なものです。最近では使ったその時に銀行から引き落としされるシステムがあるようです。時代は進化していきます。時代に乗り遅れないようにしていきたいです。

クレジットカードのステイタス

クレジットカードを人生で初めて所有したのは社会人になって一年目のことでした。私は今年42歳ですからわたしが学生の頃はそうとうのお金持ちでなければ、クレジットカードはほとんど所有していなかったと思います。だからこそ、たまにそのクレジットカードを持っている知り合いがいると、そのステータスに憧れてしまったというのが正直なところです。ところが、実際に社会人になってこのクレジットカードを所有するようになると、ステータスよりもいかに自分に合ったカードを選ぶかということのほうがポイントが高くなることに気付くわけです。最近は学生でもいろいろな機会にクレジットカードを作成する機会があり、審査も通ってしまうことになっていますので。

クレジットカードの作り方

初めてクレジットカードを作る方は、知っておくべき事があります。まずは申込方法について。インターネットによる申込が一番早くクレジットカードが発行されるのでおすすめです。次に郵送による申込です。こちらは少なくとも2週間以上発行まで掛かるので、とくに急いでいない方におすすめの方法です。最後に店頭による申込です。特別なキャンペーン等があれば、店頭申込もお得になる場合があります。
いずれの申込方法も身分証明書が必要です。運転免許証があれば問題ありません。
クレジットカードを作る際にその方の信用情報がとても重要になります。これまでの返済履歴で遅延がないか、発行枚数が多すぎないか、等収入とのバランスよってクレジットカード各社によって審査基準が異なります。思い当たる方は注意しましょう。クレジットカード作り方には、以上の点に注意して自分に合ったクレジットカードを選ぶとよいでしょう。